健康のためのダイエット

坐骨神経痛の予防にはストレッチ、正しい姿勢でのウォーキングなどが挙げられます。

健康のためのダイエット

坐骨神経痛の予防方法

大変痛い思いをする坐骨神経痛ですが、一度治ったからといって放っておいてはいけません。
なにより予防が必要です。
一番のお勧めがストレッチです。
お風呂から上がった後の筋肉が解れた状態でストレッチを行いましょう。
ただあまりにも無理をすると坐骨神経痛には悪影響になります。
筋肉が悲鳴を上げない程度に無理のない範囲でストレッチを行って下さい。
決してジョギングのような激しい運動をしてはいけません。
坐骨神経痛の原因が椎間板ヘルニアの場合、長い入浴も危険です。
温めることで筋肉が解れそうなイメージがありますが、熱を持ってしまうと状況が悪化してしまいますので注意が必要です。
歩く姿勢一つでも坐骨神経痛の予防につながります。
背筋を伸ばして目線は上げましょう。
足を前に出すと自然に足が出ると思います。
そして手を振って歩きましょう。
これは健康的なウォーキングの姿勢とも言えます。
このウォーキングにより正しい筋肉をつけることで坐骨神経痛の予防をすることができるだけでなく、ダイエットにも効果的です。
同じ姿勢を取り続けることも腰にとっては大きな負担となります。
仕事中、座りっぱなしになると下半身の血流が流れにくくなります。
適度にストレッチや伸びを椅子の上で行うだけで腰に対する負担が大きく変わるので実践してみましょう。