健康のためのダイエット

肩こりは首や肩の筋肉の衰えによる原因も挙げられますが、視力が悪いことにより姿勢が悪くなることも挙げられます。レーシック手術をすることで肩こりが大きく改善しました。

健康のためのダイエット

肩こりの予防方法

そもそも何故、肩こりが生じるのか。
そもそも肩の上にあるのが頭ですが、これが意外に重いのです。
平均的な成人の場合5kg前後あります。
牛乳パック5本をイメージすると分かりやすいですが、非常に重いです。
これを日常生活で支えているのが肩と首になります。
加齢と共に肩こりが酷くなるのも肩や首の筋肉が加齢と共に衰えるからと言えます。
加齢以外の理由としては眼精疲労、運動不足、ストレスなどが挙げられます。
眼精疲労は目を使いすぎるということもありますが、視力が合っていないコンタクトレンズや眼鏡を使っていないことも理由として挙げられます。
姿勢が悪いと必然的に首や肩に負担が生じます。
例えば視力が0.01だった著者。
コンタクトと眼鏡を愛用していましたが、PCや筆記用の眼鏡、コンタクトなどをいちいち使い分けておらず、慢性的な肩こりに悩んでいました。
ところがレーシック手術を行ったことにより、視力が1.5にまで上がりました。
するとどうでしょう。
今まで肩に重い石が乗っていたかのような肩こりが嘘のように消えました。
健康に適切な視力が大切だと改めて思わされました。
ただこのレーシック手術の費用に国保が適用できないのがデメリット。
安くても10万円前後費用が必要になります。
ただ使い捨てコンタクトレンズ代を考えると2年で元が取れる計算にはなりますけどね。